ふぃるの空虚な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 救急車再び

<<   作成日時 : 2011/02/28 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

体重が, ようやく去年の夏の域まで戻ったと喜んでいた夜のこと.

0時すぎに急にお腹が痛くなり始めた. 最初は胃がキリキリ痛んでいたので,
晩ご飯に食べた刺身にでも当たったかと思ったのだが, 段々と腰のちょっと上あたりへ. あぁ, この痛みは覚えがあるぞと思ったが, 一応ちょっとだけ我慢してみようと. 朝まで頑張って, 泌尿器科にかかろうと思ったのだが,いや, マジで痛い. しかも痛みで吐いた. ここまで来るとやっぱり悠長な事は言っていられない.

というわけで, 3時47分に119番. で, 4時ちょっと前に来てもらう.
意外に歩けるので頑張ってみて病院へ. 20分ぐらいかけていく.
痛みは, 押したり引いたりで, 状態はこくこくと変化.

結局, CT をとったりなんだかんだで5時すぎに当直の外科の先生に見てもらう.

「あぁ, 水腎炎だねぇ」とこともなげに言う先生.

「石もほら, ここにあるし」 と白い点を指さす.

どうする, 処置して帰るかい?と言うので, とりあえず座薬を入れてもらい,朝まで待って泌尿器科の先生の診察を待つことにする.

効果がちょっとずつ現れるまでは, 肝臓の脂肪がちょっととれてきたとか,
お腹の脂肪は広大だとかいう話で盛り上がる.

座薬の効果で2時間ほど仮眠. 座薬は良く効く.

泌尿器科の先生の診断の前に, 普通のレントゲンをとる. すると CT では見えた白いのがない.

「尿酸の石の場合には普通のだと見えなくて CT だと見えるんだよ.
いわゆるメタボだな. 」と処刑宣告をされ, 「石は 多分 3mm - 5mm だから砕いてもいいし, 自然に出すのを待ってみてもいい. どうする? あぁただし, 保険は効くけど, 5,6 万ね. 」 というので, とりあえず様子を見ることに.

次の日に尿管から尿道に石が移動したのがわかった.
石は出たかどうかわからないけど,日経っても,やっぱり腎臓のあたりは,だるい.やっぱり水腎炎はすぐには治らないみたい.

まぁ,1週間後に再検査らしい. まぁ, とりあえず, それまでは普段より節制だな.

ちなみに, 自宅に帰って体重を測ったら, 約 1kg 減.
すぐに戻るとは思うが, こんな事で痩せるのはもってのほかだ.

もっと健康体にならないとね.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
救急車再び ふぃるの空虚な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる